プロフィール

engman

Author:engman
『ナンパなEnglish』への訪問、ありがとうございます!

22歳。
身長181cm。
体重75キロ。筋肉質。
日本育ちの純ジャパニーズ。

06/11月  TOEIC:740
07/07月  TOEIC:835
08/10月  TOEIC:850
09/01月  TOEIC:845
09/03月  TOEIC:4月6日公開予定!

【ブログの主旨】
①自己成長のための場。
②『ナンパなEnglish』に遊びに来てくれた方が何でもいいのでそれぞれ「価値」を得られるようなブログ作りを目指します。

☆元気が得られる
☆刺激が得られる
☆英語、読書、音楽、映画、筋トレ、スポーツ情報が得られる
☆なによりまた来たくなる

そんなブログを目指します。

夢の実現
・一日のブログ閲覧者100人!
・人に感謝できる人間になる!
・素敵な家族を持つ!
・同期で1番!
・部署で売り上げ1番!
・30で転職!
・海外飛び回る!
・世界規格へ!
・いつかはヘッドハンティングされたい!
・南の島でサーフィン!
・車でハワイ一周!
・定年後は友達と世界一周!
・「あいつは常に全力疾走だった」と言われて死にたい!
・そしてやりたいことは全部やった上で死にたい。
・死ぬまで走ります。100メートル12秒ペースで。

不可能はないと思ってます。

リンクフリーです!リンクお願いします!たくさんの方との交流を望んでいます。ブログを通して人生を豊かにしたい。ブログを通して勇気、元気がほしい。ブログを通して何かを得たい。そんなあなたとの交流を求めています。ブロガー以外の方でもメッセージ、コメント大歓迎です!

今はチャラくないです!笑
(プロフィール更新09/03/13)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロからの英語学習宣言

本日から『ゼロからの英語学習シリーズ』を書いていきたいと思います。

きっかけは、

英語を学びたくてもどう勉強していいかわからなかった昔の自分を思い出したことです。

大学入学時にSもVもわからなかった僕が大学4年間でどのように英語を勉強して現段階まで成長したか、自分の勉強歴を公開することで、少しでも多くの人のサポートをできればと思っています。そして自分自身を見つめなおします。あくまで方法論ではなく、僕の通ってきた道を公開します。

Vol.1 プロローグ
Vol.2 ゼロからイチへ。(大学1年初期)
コラム1 『英単語暗記法』
Vol.3 メンタルスランプ。(大学1年中盤)
Vol.4 光の差すほうへ。(大学1年後半)
コラム2 『engman流英語脳のつくりかた~温故知新~』
Vol.5 始まり。(大学2年春~オレゴン留学~)
コラム3 『留学を考えている人へ』
Vol.6 不安定な安定期(大学2年オレゴン夏)
コラム4 『ナンバーワンとオンリーワン』
Vol.7 再出発(大学2年帰国後)
Vol.8 ナンパなEnglish
コラム5 『異文化そんなの関係ねぇ!』
Vol.9 トコトンTOEIC(第145回TOEICについて)

以上14連載の予定です。勉強歴と具体的な勉強法を公開します。
書いていきながら徐々に変えていく可能性は大いにありますのでご了承ください。
不器用ながら一生懸命書きます!不定期での公開となりますが毎日続けられるように頑張ります。乞うご期待!

↓↓↓少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓
スポンサーサイト

ゼロからの英語学習vol.1~プロローグ~

大学入学時、僕の英語のキャンパスは真っ白。

あれは入学直後の基礎学力テストでの英語テストの時、恥ずかしいことに僕はシャープペンを動かすことができませんでした。思考は停止し、現実を受け入れようとしない僕はすぐにテストを提出、退出。

【僕は暗記が得意なただのスポーツ馬鹿】

大学へは指定校推薦で入学。高校時代はサッカーで結果を出したことに加え、クラスではお得意の暗記を活かしてほとんどすべての科目の教科書を暗記していました。元サッカー選手、中田英寿がやっていた方法のパクリ。受験勉強をする余裕がない中、そんなすべての知識が付け焼き刃の僕は大学1年の時、英語の主語も動詞も知りませんでした。

こんな僕でも、4年間英語の勉強をし、自分の英語のキャンパスに様々な彩りを加えて描いてきました。15日のTOEICの点数はまだわかりませんが、850点以上はいっているでしょう。900点を超えることを目標に頑張りました。もちろん、これからも継続をしていき、世界で通用するビジネスマンになることを目標にしています。英語は得意です

【英語は世界語】

日本の人口は約1億2800万人。世界は約60億人。
英語の母国語スピーカーが約3億8千万人。第二外国語スピーカーが約6億人。外国語として学び、使用するスピーカーが10億人以上。

日本語スピーカー約2億人+英語スピーカー20億人=22億人とのコミュニケーション!!

英語は世界語。英語ができれば、世界が変わる、広がる。そして自分が変わる。

【英語を通して得た友達・知人約100人】

日本人と外国人の割合は半々でしょうか。
間違いなく英語という世界語のおかげで僕の人生はとても楽しいものになっています。

【価値観を広げてくれた】

英語は間違いなく僕の毎日に彩りを与えてくれています。友達、趣味、仕事etc。大学時代に培った経験の60%以上は英語のおかげです。英語を通して多くの人と出会い、多くを知り、そして多くの苦悩も味わいました。英語が僕の価値観を広げてくれたのです。

価値観が広がる。なんともあいまいで抽象的な言葉でしょうか。ところがこれほど深い意味をもつ表現も僕の中には存在しません。英語を通して様々なものを得たのです。友達が一番の宝です。今までスポーツ関係でしか友達がいなかった僕に、同じ志をもった友達が増えました。そしてその友達と一緒に得たものは外国人の友達。日本でも海外でも。笑顔と元気という二つの武器を携えて、たくさん友達を増やし、多くの経験と考えを知りました。受容力が上がったのが自分の中での一番の収穫です。どのような変化や驚きがあっても、それを受容れられるようになりました。価値観を超える人々と接してきたことで人を第一印象で判断しない考えが生まれました。それまで上辺だけで人を判断している自分は確かにいました。自分は変わったのです。

そして、いうまでもなく英語を通してブログを始め、多くのブロガーさんと知り合えました。

English has been inspiring and effecting on me a lot.


【目標がなければ成長はできない】

英語ができれば世界が変わる。自分が変わる。
友達がたくさんできる。海外旅行をもっと満喫できる。
仕事に活かせる、キャリアアップができる。

目標は人それぞれです。どんな目標でもいいと思います。とにかく英語を勉強するならば目標をしっかりと決めること、これほど大事なものはないと思います。

目標を決め、なぜ達成したいのか、達成しなければならないのかを明確にする。そうしなければ英語学習という楽しさを味わう前に『英語』をいう壁の前に挫折してしますだけだと思います。そのくらい、英語は長期戦であり、易しいものではありません。ただ、間違いなく言えることは、英語を学ぶと人生が2倍も3倍も楽しくなるということです。

ちなみに僕の英語に対する最大の目標は

『自分の思いや感情をありのままに相手に伝えられ、自分という人間を本当に、真に知ってもらえるような英語力をつける』
わかりますよね、そう、英語だけ勉強すればいいっていうわけでもないんです。

結局は

自分の人生を美しく彩り、楽しいものにしたい。

そのツールとして僕に最も有効なのが英語なんです。


それでは、『ゼロからの英語学習シリーズ』と題しまして、自分がどのような目標を決め、英語に取り組んできたのか少しづつではありますが紹介していきたいと思います。

↓↓↓少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓

ゼロからの英語学習Vol.2~ゼロからイチへ~

・・・。

DifferentとDifficult?

『違いがわからん』


大学1年の春、英語のSもVも、センター試験レベルの単語でさえもほとんど知りませんでした。
そんな僕が、『4年間で英語ペラペラになる!』と一念発起し、大学の留学プログラムへ応募することを第一の目標にしました。英語の学習を始めたのが2005年の4月。幼い頃から英語を話すことに対する憧れは確かにありました。夢でした。今でも覚えています、小学校の頃に海外旅行に行ったとき、ホテルのロビーで英語で電話対応しているビジネスマンの姿。当時の幼い僕にはそれがとてもかっこよく見えたのです。

【ゼロからイチへ】 最初に始めたのが英単語の暗記です。勉強の仕方もわからない僕は早速TOEFLゼミナールへ行き、どのような勉強がいいのか相談してみました。相談内容は全然覚えていませんが、あまり収穫はなく、とにかく最初は単語を覚えることにしました。
その時に選んだ単語帳がこれです。

TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)
(2002/10)
神部 孝

商品詳細を見る



現在はTOEFL IBT用の教材も出ていますが、当時ではこの本がとても売れており、僕もこの本で学習。ランク1~ランク4まで4つのカテゴリーに分けられ、受験者の目指す得点レベルの単語が載ってます。
このときはランク1(センター試験レベル)の単語1200個の暗記を試みました。20日間で1200個です。単語レベルはそこまで高くはなくても、当時の僕には一苦労。当時は

新TOEIC(R)テスト900点 新TOEFL(R)テスト100点への王道新TOEIC(R)テスト900点 新TOEFL(R)テスト100点への王道
(2008/06/27)
杉村 太郎

商品詳細を見る

を参考にしてアツくなりながら急ピッチで暗記していたのを覚えています。この本は賛否両論ありますが、体育会系の僕としてはなんとも根性論的な気合の入った文章が大好きでした。そして、この本を読むとなんだか勇気が湧いてきたのを覚えています。

本から刺激を得、自分の目標を再確認するとすぐに無我夢中で暗記をしました。20日間で1200単語は完璧ではないものの、意外といけました。可能性とはすごいものです。そして迎える5月、学内TOEFLセミナー受講の際のTOEFL(Test of English as a foreign language)ペーパーテストを受けたのです。

結果はPBT360点。非公式のTOEIC換算では185点です(笑)当時一緒に受けた友達4人の中で、もちろん最下位でした。聞けない、読めない、わからない。1200語の単語を暗記したにもかかわらず、またも打ち砕かれた瞬間でした。単語1200個を暗記したところで、やはりスポーツ馬鹿はスポーツ馬鹿だったのです。

 
↓↓↓少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓

コラム1『英単語暗記法』

英単語の暗記法についてのお話をしたいと思います。

人それぞれ人生があるように、単語の覚え方にも人それぞれ、様々なやり方があります。
代表的な覚え方はこれらでしょうか。

①英語⇒日本語、日本語⇒英語への暗記
②英語⇒日本語、英語⇒英英辞典で確認
③英語⇒英英辞典

③にいくほど上級者の割合が高くなってくると思います。英語を長く勉強すればわかりますが、英和辞典では限界があるのです。

最終的には上で覚えた単語を英英辞典で例文と一緒に確認し、品詞、自動詞他動詞、単数名詞複数名詞の確認をする。使える英語として自分でその単語を文章で使ってみるのが僕は一番よい方法だと思います。


では、僕がやってきた方法を紹介します。

Ⅰ.単語帳を使って暗記する方法(初級~中級)
Ⅱ.多読で覚える方法(中級~上級※英語脳必須)

【単語帳を使って覚える方法】(超有名TOEIC&TOEFLコーチングスクール実践方法)

①見開きの単語を5分間で暗記。
②1秒以内で英語⇒日本語に訳せない単語の横に斜め線を引く 例  / difficult
③間違いを繰り返すごとに斜め線を引く 例 X difficult ⇒ * difficult
④正解したら○で囲む。
⑤間違いが多い、○で囲んだけどまた間違えて斜線を引いた単語に関しては単語カードをつくって徹底抗戦
⑥繰り返し(継続は力なり)

音声と一緒に学ぶことは初心者には特に重要です。英語の発音を体得しなければ上級者レベルになっても話せません。また、この頃に多量の単語の発音と音、ストレスの場所を認識することで後々初めて出会う単語にも適応力がついてきます


【多読で覚える方法】

①いつもどおり楽しみながら読む。
②各チャプター、または気に入ったページのみにフォーカスして精読
③そこで出会った単語や表現をノートに書き出し、英英辞典で生のニュアンスを認識。
④実際に文章で使って効果的なアウトプット 一例の文章です"The lost boy"
このレベルになると、ただ覚えるだけではなくいかに使えるようにするかを意識するとより効率と定着率が上がってきます。

↓↓↓今回は早朝5時半からの執筆です!少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、「いやいや私のほうがいい方法知ってるぞ」と思われた方、考えながら読んでくれた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓

ゼロからの英語学習vol.4~光の差すほうへ~

2005年11月に留学が決定し、2006年4月からの留学を前に、留学を目標として英語を勉強していた日々から、留学を成功させるべく勉強をする日々へと切り替わりました。

【勉強の変化】
点数を取るための勉強から、アメリカで過ごし授業を受けるための勉強へのシフト。
とはいうものの、TOEFL自体そのような目的で作られているのであまり大きな変化はありません。
ただ、自分の中で最も大きく変わった部分といえば『音』にフォーカスした点でした

アメリカの大学で授業を受けるということは第一に聞けることが絶対条件です。そのため、多くの先達のかたからのアドバイスを聞き、結局今でも大変支持者が多いこの教材を使って勉強を進めました。
究極の英語学習法K/H System (入門編)究極の英語学習法K/H System (入門編)
(2001/06/25)
国井 信一橋本 敬子

商品詳細を見る

値段は2600円と、確かに高いです。が、プロの通訳の方がトレーニングをされるシャドウイングを推奨し、音にフォーカスしたとても密度の濃い勉強ができます。この教材でシャドウイングと音読、暗唱を続けることで、今まで単語単位で聞こえていた英文が、かたまりごとに聞こえるようになってきたのです。

1月を過ぎると大学の春季休暇に入り、絶好の勉強期間に入りました。そこで更なる成長のための勉強をしていきました。

【英語脳をつくる】
英文がかたまりごとに聞けるようになってくると、英語を英語で理解したいという気持ちが芽生えました。英語を日本語に訳して理解するには海外や外国人とのコミュニケーションには限界があります。そこでこれらの教材にも着手しました。
TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語
(2005/04)
仲本 浩喜

商品詳細を見る

この教材は英語学習者(特に留学希望者)には素晴らしい教材です。質の高い英文と音声を駆使して学ぶことで相当効率的なトレーニングを積むことができます。また、英文を理解し、音で理解することを繰り返すことで英語脳をつくりあげることも可能です。(英語脳詳細はこちら

データベース3000基本英単語・熟語データベース3000基本英単語・熟語
(2007/12)
桐原書店編集部

商品詳細を見る

また、足元をしっかり固めるため、05年春に買ったTOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)の単語帳のランク2を学習する前に、基本用としてデータベース3000をすべて暗記するトレーニングを積みました。

このトレーニングを2ヶ月継続することで、単語力に加えて、聞く、話す、読む力が養われていきました。

そして3月、留学を1ヶ月後に控え、ものすごく自分の英語力を試したくなる欲求に駆られた僕はある行動に出たのです。


↓↓↓FC2英会話・語学ランキングに参加しています。帰り際に押していただけると更新の励みになります。↓↓↓

コラム2『engman流英語脳のつくりかた~温故知新~』

さて、今回のコラムでは恐縮ですが僕engmanが四苦八苦して鍛えた英語脳をお教えします。

まず、engman流英語脳の定義です。

英語脳…英語脳とは英語を英語で理解、認識できる能力のこと。たとえていうならば日本語の引き出しのほかに英語の引き出しをもつということ。

英語を英語で理解することが英語脳と定義しましょう。

日本で育った一般の人ならば英語を日本語に訳して理解するという作業が身についています。これをまずは取り払わなければなりません。
そのためには、①逆読みを禁止する②日本語に訳さないでそのまま理解③大量の英文をインプット
の3つが基本となります。これらを意識した上で、engman流英語脳の作り方です。


【engman流英語脳の作り方】


①まず150wordsくらいのちょうどいい英文の教材を用意(必ず音とセットになっているもの)オススメ⇒(究極の英語学習法K/H System (入門編)TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語

②その英文を徹底的に分析。※意地でも日本語訳を見ずにそのまま理解する 
例)Before human beings understood the origins of such terrifying natural phenomena as diseases and earthquakes, many thought that these phenomena were God`s punishment for sin.

Before human beings understood/ the origins of such terrifying natural phenomena/ as diseases and earthquakes, /many thought that/ these phenomena were God`s punishment for sin.

Origin:起源、原因
phenomenon:現象

③上のように文法事項を確認し、読んで理解できるようになった文を、次は音で認識する作業を行う。英文は見ずに音で確認。ボキャブラリーも随時確認。上級者には英英辞典を推奨。

④英語脳が出来上がっていないときは1度で理解するのは困難。古くから伝わる音読に加えて、読む、聞くの繰り返しのコンビネーションを取り入れることで、英語をそのまま理解する能力、すなわち英語脳を養成できる。(読むのはできるだけ最速スピード) シャドウイングで完璧にすれば超素晴らしいです。

この作業を繰り返せば自然と英語をそのまま理解できるようになります。僕はTOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語でやりました。今であれば大統領の演説などが特に最適だと思います。実際僕もオバマの04年基調演説を同じ方法で学び、暗唱もしたところ、TOEICのリスニングが400点前後から470を超えるようになりました。

【英語脳取得者向け】
高速ライティングもすごくオススメです。特にスピーキングなど、話す能力や瞬時にアウトプットをしたい人にはもってこいの作業です。
やりかたは簡単。制限時間内(2分~5分)にトップスピードで英作文を書き出します。たとえ詰まってもuh,,what I should write, well, ok , calm down!などのようにとにかく英語を書き出す作業です。これによりリアルタイムで英語を生産できるようになります。つまり、話せるようになるのです。僕もまだまだ半人前ですが、参考にしていただけるととても嬉しく思います。

↓↓↓少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、「いやいや私のほうがいい方法知ってるぞ」と思われた方、考えながら読んでくれた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓

質問、意見、コメント、アドバイス等、お待ちしております!

ゼロからの英語学習vol.5~渡米準備に無料英会話~

追いコンサッカー大会、追いコン、卒業式、追いコン、飲み会、旅行と最後の学生生活を満喫していましたengmanです。本日から更新再開いたします!

さて、2006年1月からの猛勉強により英語脳習得した僕はある衝動に駆られました。

『英語が話したい』

頭の中はこれでいっぱいでした。今までの日本語を通じて理解する回路がなくなり、やっと英語を楽しめるようになった自分自身をもっと楽しみたいと思ったのです。


【無料でネイティブに英語を教えてもらう方法】

とにかく英会話学校の無料体験レッスンを受けまくることです。僕は渡米前の最後の1ヶ月でこれを実行しまくりました。無料体験レッスンを特に開講していない英会話スクールでも、英会話に興味があることをスクール側に伝えれば、ネイティブ講師によるレベルチェックをしてくれるのでアウトプットの絶好の機会になります。

また、大手英会話スクールではない学校だと、1ヶ月無料レッスンなどの開講しているとてもおいしいスクールもありました。おすすめです。

この方法で習得した英語脳を実践し、Plan Do Seeの繰り返しを行い、更なるレベルアップをはかりました。

【英語脳でどのくらいレベルUPするのか】

素朴な疑問にお答えします。前のコラムで紹介した英語脳を習得すれば、どのくらいまでればるがUPするのでしょうか。

はっきしとして数値は提示できませんが、05年4月に英会話ジオスの無料レベルチェックをしたときは10段階中レベル4でした。そしてその11ヶ月後のレベルチェックでは10段階中7と診断されました。

↓↓↓少しでも期待された方、「おっ」と思われた方、「いやいや私のほうがいい方法知ってるぞ」と思われた方、考えながら読んでくれた方、ポチッと応援お願いします!!!↓↓↓

質問、意見、コメント、アドバイス等、お待ちしております!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。